旅行・宿泊 11 Views

ヨーロッパで驚くことワースト10

投稿日:

2018年ヨーロッパと日本が経済協力協定を結び、一層両国間の交流と好感度が上がるきっかけとなりました。長年ヨーロッパに在住している日本人も多く、旅行、留学や駐在としても期間的にヨーロッパへの行き来が盛んです。しかし長い歴史と、複雑な隣国関係はまだまだ日本人にとって理解しがたいことも多く、多様な文化と言語から成り立っています。
そこで、欧州在住日本人が一般的に感じる悪い点、改善して欲しい点などまとめてみました。



10位:不親切

個人主義であることや、移民や言葉が通じない人も多いため、基本的に道を聞いても不親切です。公共のレストランやカフェ、お店などでも雑な対応が当たり前なので、サービスなどはあまり期待しないと心得なければなりません。

9位:身だしなみ

9位の画像
出典:http://news.merumo.ne.jp/artic...

これは個人差や地域差もあるかもしれませんが、髪を洗う習慣があまりないのか1週間に一回という人も少なくないようです。女性はストッキング着用や化粧をする人は多くありません。男性は靴下に穴が空いていることが多い印象です。

8位:結婚しない・未婚が多い

8位の画像
出典:https://img-19.ccm2.net/UkC46U...

特に最近の若者の60パーセント以上が、カップル同士一緒に住んでも結婚しない傾向にあります。子供がいても両親が必ずしも結婚しているとは限らないため、実の子供でない子を養う保護者も存在します。そのため、家族関係が複雑です。

7位:メガネが高い。

7位の画像
出典:data:image/jpeg;base64,/9j/4AA...

日本のようにコンタクトレンズの使用率が高くないので、視力の悪い人は眼鏡をかける傾向にあります。しかし、一つあたり5万円以上することがほとんどで、手軽に眼鏡は買えない環境です。

6位:トイレ事情

6位の画像
出典:data:image/jpeg;base64,/9j/4AA...

都会に行っても様々な公共施設にはトイレがあるのですが、お金を払わなければ使用できない場所がほとんどです。ホテルや自宅にあるビデなど、使用方法に戸惑うことがあります。

5位:改札口がない

5位の画像
出典:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfr...

大都会の地下鉄などでは駅によって改札口があるものの、中長距離列車の駅には改札口がありません。切符はあらかじめ、ネットや窓口で購入し、切符の確認は車内で行われます。日本でも田舎にはまだ改札口がない駅がありますが、ヨーロッパはそれが当たり前のようです。

4位:気温の差が激しい

4位の画像
出典:data:image/jpeg;base64,/9j/4AA...

ヨーロッパと一概に言えども、東と西では人柄や気候など大まかな違いがあります。寒い時期はマイナス20℃まで下がる地域があり、暑い日は40℃以上になる場所もあります。

3位:衛生概念の違い

3位の画像
出典:data:image/jpeg;base64,/9j/4AA...

パンなど手で食べる食事も多いヨーロッパでは、食事の前に手を洗う習慣がありません。うがいもあまりしない人も多いので、歯医者で定期的に口腔検査を義務ずけている国や地域もあります。

2位:水が高い

2位の画像
出典:data:image/jpeg;base64,/9j/4AA...

日本のように綺麗な水が使用できるところはまだまだ稀だとは言え、ヨーロッパは、コーヒー、ワインやビールより、水の方が高い場所もあります。そのくらい水は貴重な資源なのです。残念ながら、カルキが多く含まれている地域が多く、水道水をそのまま飲むことを推奨している国はとても少ないです。

1位:遅延

1位の画像
出典:data:image/jpeg;base64,/9j/4AA...

スイスとドイツ以外の公共交通網は必ず遅れます。それに加え、ストライキも定期的に発生するため、旅程や予定が決まっている場合は必ず確認しなければなりません。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
Moguro
Moguro
海外で生活しながら、面白いランキングをお届けします。

Copyright© 〇〇ランキング , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.