本・音楽・楽器 15 Views

なぜこれをシングルA面にしなかった?邦楽バンドの隠れた名曲10選

投稿日:

好きな音楽を聴いていると「なんでこんないい曲をシングルのA面にしなかったんだろう?」「なんでこの曲MVないんだろう?」「両A面にすれば良かったのに」「もったいない!」って思うこと、多々ありますよね。

むしろA面に比べ、タイアップに合わせる制約や大衆を意識しなければいけないしがらみがない分、アーティストが本当にやりたかったことができたり、伝えたかったメッセージが歌えたりするので、意外な名曲が生まれたりするものです。

今回は、そんな埋もれるのがもったいないカップリング曲、アルバム限定曲でかつMVがない曲を10曲、独断と偏見でセレクトしました。


スポンサーリンク


10位:蜃気楼 / 10-FEET

10位の画像
出典:https://zima.jp/media/wp-conte...

アルバム「thread」収録曲。10-FEETのライブは、基本的にわちゃわちゃ騒いで楽しむセクションとじっくり曲に浸るセクションに分かれますが、この曲はBPMが高速な疾走感溢れる曲なのにどちらかというと後者サイドという稀有な曲です。

夕暮れがよく似合うセンチメンタルなメロディと、平凡でつまらない毎日を送る中で夢ややりたいことを見失っても、そんな自分自身を優しく肯定する歌詞は、歳を重ねるほど沁みるものがあります。ライブで涙を流すオーディエンスもいるんですよ。

9位:水芭蕉 / THE BACK HORN

9位の画像
出典:http://www.syncmusic.jp/wordpr...

シングル「罠」カップリング曲。表題曲「罠」ももちろんカッコいいんですが、個人的にはなぜこの曲との両A面にしなかったのか不思議な位の名曲だと思います。

今はもうこの世にいない大切な人、その人との夏の想い出が流星、水芭蕉、線香花火といったモチーフと重なってフラッシュバックされるような切ない歌詞が、これまた切ない泣きメロに乗せて歌われるので、涙腺崩壊必至です。

8位:VANITAS / DIR EN GREY

8位の画像
出典:https://visualioner.files.word...

アルバム「DUM SPIRO SPERO」収録曲。このバンドにしては珍しくボーカルが終始クリーンボイスに徹し(ライブでは叫びますが)、アレンジもシンプルなミディアム・バラードとなっています。

痛みと真正面から対峙してきたこのバンドだからこそ描ける絶望的な世界観が、一本の太い幹のようにアルバム全体を貫いているのですが、やはりアルバム終盤の曲ということもあり、単なる絶望で終わらずに、絶望の先に微かな希望を垣間見せたまま、ラストの「流転の塔」へと繋がっていきます。

この曲はアレンジがシンプルな分メロディの美しさが際立っており、特にファルセットで天辺まで一気に駆け上がっていくラストのサビは何度聴いても背筋がゾクッとします。

7位:MARCH / STRAIGHTENER

7位の画像
出典:http://image.excite.co.jp/jp/m...

アルバム「LINEAR」のラストを飾る壮大なロックバラード。1番ごとのメロ―サビで強弱をつけるのではなく(多少はありますが)、曲全体を通して大きな山を作るような曲展開が洋楽的であり、実にドラマティックです。

優しい曲調ながら、「愛する人に自分の存在する意味を求めるのではなく、自分の在り方は自分で決めるしかない」という耳の痛いメッセージが強烈に突き刺さります。

6位:風、冴ゆる / ACIDMAN

6位の画像
出典:https://fanart.tv/fanart/music...

シングル「水写」収録曲。数多くのACIDMANの楽曲の中でも「world symphony」「REMIND」などと同系統の、BPM200オーバーの超高速ナンバーの一つです。

ただ左記2曲と違い、金属的で冷ややかな空気感が、ちょうどこの頃のACIDMAN(アルバム「Loop」「equal」リリース期)の世界観にマッチしており、他のバンドでは味わえないオルタナティビティを放っています。サビメロもエモーショナルでライブ映えもしそうなこの曲、隠しておくのはもったいない!


スポンサーリンク


5位:太陽が欲しいだけ / 9mm Parabellum Bullet

5位の画像
出典:https://mirai-stereo.net/wp-co...

アルバム「Waltz on Life Line」収録曲。「アルバムのラストはバラードで壮大に締める」という定石などお構いなしと言わんばかりに、疾走感全開で暴れまくって風のように去る!という姿勢が、いかにも9mmらしくて思わず笑ってしまいます。

この曲も例に漏れず、9mm流爆走ラストナンバーとなっています。超高速四つ打ちに乗せて歌われる野球応援のようなダサい(褒め言葉ですよ)けどクセになるメロディなど、9mm節全開の曲になっているので「9mmってどんなバンド?」って聞かれたらこの曲を聴かせれば、伝えたいことの8割は伝わるでしょう。

どこを切り取っても本当にカッコいいのですが、特にアウトロの弾丸のようなドラムの手数には本当に圧倒されます。

4位:本音 / SUPER BEAVER

4位の画像
出典:https://skream.jp/news/assets_...

アルバム「27」収録曲。ドライブ感満点の軽快なロックナンバーで、青春時代を全力で駆け抜けるような瑞々しさと青さを湛えた曲です。

「人に嫌われないように本音を隠して誰かと付き合うのは本当の友情ですか?本音をぶつけ合うからこそ真の友情や愛が芽生えるのではないでしょうか」と真摯にリスナーに訴えかける真っ直ぐなメッセージは、現在青春ど真ん中の人には特に刺さるはずです。

3位:Stuck in the middle / ONE OK ROCK

3位の画像
出典:http://images5.fanpop.com/imag...

アルバム「35xxxv」収録曲。「板挟み」を意味するタイトル通り、どうしようもなく欲しかったものを手にした喜びと、目指すべきものを失った空虚感、そしてそれを失ったときに気付いたら何も手にしていなかったという焦りがない交ぜになり身動きがとれなくなったような感情が歌われています。

キャリアを重ねるごとに、いい意味でも悪い意味でもスマートに、かつ巧妙になっていく中で、久しぶりに泥臭くてエモいワンオクがここに帰ってきた!という感じです。

2位:Leaving Grapefruits / [ALEXANDROS]

2位の画像
出典:http://www.helloasia.com.au/wp...

アルバム「ALXD」収録曲。このバンドには珍しい、切ない失恋ソングです。

忙しい毎日の中で次第にすれ違っていく心、別れた後になんとかして諦めようとする一方で「もう一回やり直せないかなぁ」と淡い期待を寄せてしまう、そんな複雑な感情が切ないメロディに乗せて歌われます。どこか無理しておどけているようなメロから一転、こらえきれなくなって感情が爆発したかのようなサビの泣きメロで、一気に心を持っていかれます。

ちなみにこの曲は、シングルでもMV曲でもないのにファン投票で1位を獲得したこともある人気曲です。

1位:銀河鉄道 / BUMP OF CHICKEN

1位の画像
出典:https://e-talentbank.co.jp/wp-...

シングル「プラネタリウム」ならびに、自身のカップリングだけを集めたベストアルバム「present from you」収録曲。間奏らしい間奏をほとんど設けず、朗読のような淡々としたメロディラインで、旅立つ人とそれを見送る人、様々な人生を抱えたそれぞれの乗客たちのドラマが語られていきます。

私たちが過ごす時間も、そして生きている限りいずれ死ぬという避けられない事実も皆同じですが、その中でそれぞれに人生があり背負うものがあり、そして物語がある。そんな当たり前でつい忘れてしまいがちなことを、この曲を聴くと改めて見つめなおすことができます。

この曲を聴いたリスナー一人ひとりが、自分の人生を見つめなおすきっかけになってくれたら、一ファンとしてはうれしい限りです。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
まっき~
まっき~
ロック音楽とラーメンが大好きなアラサー男子!面白い記事を更新ばく進中!

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.