食べ物・飲み物 6 Views

世界で最も消費量が多いビールランキングTOP10

投稿日:

ここ数年でビールの消費量は人口比と比例していると言われるほど、各国の伸び悩みが続いています。様々なビール工場と数万種類のビールの品種は、大手から個人の生産者まで多種多様な銘柄が増えているのも事実です。気候や気温にも左右されると言われるビールの売上は、夏季に上がるのが特徴です。


スポンサーリンク


10位:CORONA/コロナ

10位の画像
出典:https://shopping.c.yimg.jp/lib...

メキシコの黄色いビールと言えば、コロナビールです。テキーラのような強い味わいにはライムを添えて飲むことが勧められます。そのため、どこで注文しでも、ビンの口にはライムが入っています。

9位:BRAHMA/ブラーマ

9位の画像
出典:http://farm3.static.flickr.com...

カクテルのイメージが強い南米で、ビールの消費量の大半を占めているブラジルのビールブランドです。
キンキンに冷やす飲み方が主流で、凍らしたような冷たさと爽快感を味わえるビールです。

8位:HARBIN/ハルビン

8位の画像
出典:https://i2.wp.com/world-trabee...

1900年代にロシア人が始めたとされるビールブランドで、トウモロコシを原料に生産されています。歴史的にも日本の醸造所とも関係がある中国最古のビールです。

7位:HEINEKEN/ハイネケン

7位の画像
出典:https://www.soccer-king.jp/wp-...

オランダ発祥の大変有名なビールブランドは、1863年創業後、現在では170カ国以上の国で販売されています。ラガービールを始め、定番ビールのアルコール度数は5%前後です。

6位:YANJING/燕京ビール

6位の画像
出典:http://world-trabeerer.com/wp-...

中国・北京の醸造しているビールブランドで、創業30年足らずで、綺麗な色と独特の味わいがあるビールです。現在では中国国内をはじめ、一部の海外でも注目されているビールです。


スポンサーリンク


5位:SKOL/スコール

5位の画像
出典:https://pbs.twimg.com/media/Dh...

1964年に国際的なメガビールブランドになるという目標で、英国、カナダ、スウェーデン、ベルギーの醸造所が製造に協力しました。現在はブラジルで人気があり、世界各国で生産されているピルスナーが定着しています。

4位:TSINGTAO/チンタオ

4位の画像
出典:http://ama-jikan.up.seesaa.net...

中国のビールと言えば、青島ビールというほど有名なビールブランドで世界各国に輸出されています。100年以上の蒸留所から作り出されるビールは中華料理に欠かせないビールとして人気があります。

3位:BUDWEISER/バドワイザー

3位の画像
出典:https://image.rakuten.co.jp/ic...

世界でも有名なアメリカのビールブランドで、現在はベルギーのビールブランドの傘下で運営されています。1976年から定番ビールを販売し続けており、世界各国に出荷しています。

2位:BUD LIGHT/バドライト

2位の画像
出典:http://www.dlj-bud.com/wp-cont...

1982年から発売されているバドライトの消費量は、2016年に3.4パーセント低下しましたが、次年にはBud Lightは約12億4,000万ガロンのビールを販売し、本元であるバドワイザーを抜きました。

1位:SNOW/ スノー(雪花ビール)

1位の画像
出典:https://i1.wp.com/world-trabee...

世界で最大のビールブランドは、ほぼ独占的に中国で販売されています。 中国は世界人口の約20%を占め消費量も増えています。2005年以降、南米のAB in Bevとの合併によりさらにシェアを拡大しています。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
Moguro
Moguro
海外で生活しながら、面白いランキングをお届けします。

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.