本・音楽・楽器 110 Views

ドラム奏者が選ぶ、ドラムがカッコイイ曲10選!(邦楽編)

投稿日:

高速タム回しやツーバス連打、キレのある8ビートなど、うまいドラマーの演奏は鳥肌が立つほどにカッコいいですよね。しかし、ドラムはボーカルやギターより目立つ場面が少なく、また音楽未経験者が意識して聴くようなパートではないので、どうしても不人気なパートになりがちです。

今回は、ドラム奏者である私が独断で選んだ、ドラムがカッコいい曲を10曲セレクトしました。普段はドラムを意識して聴かないという方も、これを機にドラムに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。きっとあなたも、普段何気なく聴いていた曲の新たな一面に気づけるでしょう。


スポンサーリンク


10位:Envy / coldrain(Dr.katsuma)

10位の画像
出典:https://pics.prcm.jp/spyairson...

まずは名古屋出身のジャパニーズラウドロックの雄、coldrainからの一曲です。

ラウドロックのドラマーが必ずといっていいほど取り入れているツーバス(ツインペダル含む)ですが、速さ重視のドラマーが多い中、このバンドのドラムの特徴は何と言ってもツーバスフレーズの多彩さ、そしてキッチリギターリフに合わせる精確無比なユニゾンのアンサンブル力にあります。
速さだけなら他にもっと速いドラマーはいますが、速さだけに依存しない工夫満載のフレージングがこのドラマーの持ち味です。

表題曲でも、イントロから多彩なツーバスフレーズのオンパレードで、尚且つアップテンポな部分とスローな部分、アガる部分と静かな部分のメリハリもキッチリしており、最後まで飽きずに聴くことができます。

9位:STORM / LUNA SEA(Dr.真矢)

9位の画像
出典:http://www.syncmusic.jp/wordpr...

次は、90年代ヴィジュアルロックシーンを席巻したロックバンドの一つ、LUNA SEAよりSTORMです。

やはり真矢といえば、そのルックスや愛されキャラとパワフルなドラムパフォーマンスとのギャップが最大の武器ですが、そのリスナーを圧倒するドラミングはこの曲でも健在です。
やはり真矢のドラムはライブでこそ真価が発揮されるように思います。
まるで機械のように正確なビートや豪快なタム回しはライブで見るとまさに鳥肌ものです。
しかし何より、他のプレイヤーが気持ちよく歌ったり演奏したりできるように、後ろから楽曲全体を統制するこのドラマーを見ていると、ドラマーがバンドの指揮者であると言われている所以がよくわかるように思います。

8位:TRAIN / STRAIGHTENER(Dr.ナカヤマシンペイ)

8位の画像
出典:https://sp.universal-music.co....

このバンドのドラムはとにかくシンプル&ワイルド!

曲によっては凝ったリズムの曲もありますが、基本的にはシンプルです。

ただ、シンプルでありながら存在感のあるドラミングは、ライブで観ると特に圧倒されます。
この曲のMVでもそうですが、ドラムが壊れそうなほどにぶっ叩く様は何かに取り憑かれているようです。
Mステで同曲が披露されたときに、他の出演者が呆気に取られていたのが印象的でした。

7位:神話崩壊 / Hello sleepwalkers(Dr.ユウキ)

7位の画像
出典:http://www.syncmusic.jp/wordpr...

このバンドの曲は基本的に複雑で、一聴して何がどうなっているのか分からない曲が多いのですが、同曲収録アルバム「Planless Perfection」辺りから、抜くところは抜くメリハリの上手さが目立ちはじめます。

この曲もテクニカルでありながらノリやすいビートがカッコよく、テクニックとビートのバランスが秀逸です。
歯切れのよいスネアのチューニングも、ドラマーならニヤリとしてしまうポイントなのではないでしょうか。

何気に1番と2番以降のサビのパターンが違うのがミソです。

6位:KiLLING ME / SiM(Dr.GODRi)

6位の画像
出典:https://fill-in-the-blanks.net...

SiMといえばこれ!というライブのド定番曲です。
ライブでやると大盛り上がりで、モッシュにダイブにクラウドサーフにと会場が戦場と化すほどです。
前でギターとベースがグルグルしている後ろでドカスカやっているドラムソロは初めて見たときは衝撃でした。
踊れるのに重い、重いのに踊れる、まさにSiMドラミングの真骨頂的ナンバーです。


スポンサーリンク


5位:I dance alone / toe(Dr.柏倉隆史)

5位の画像
出典:https://farm1.staticflickr.com...

歌うドラムといえばこの人!柏倉さんです。
どうリズムを取っているのか分からない独特な体使いと、スティックを短く持ったコンパクトなストロークが特徴的です。
この曲のドラムは、たゆたうような滑らかなフレーズから一気にダンサブルなビートに流れ込んでいく展開と、演奏時の表情からも伝わってくる迸る激情が最高にカッコいいです。

4位:修羅場 / 東京事変(Dr.畑利樹)

4位の画像
出典:https://pds.exblog.jp/pds/1/20...

椎名林檎率いる東京事変のサウスポードラマー・畑利樹のセンスが光る1曲。

畑は比較的手数の多い演奏を得意とするドラマーです。
しかしこの曲では、手数に依存せず、空間を上手く活かしたドラムを叩いています。
特に、ハイハットと被らないように音符を配置したバスドラムのパターンや、スネアやタムとバスドラムをバラバラに打ちながら一繋ぎのフレーズにしていくフィルは、真似したくなる程秀逸です。

3位:monolith / 04 Limited Sazabys(Dr.KOUHEI)

3位の画像
出典:http://top.tsite.jp/static/top...

このバンドのドラマーは、鋭い2ビートと腹にズンズン響く重たいバスドラムがカッコいいです。

手数だけならもっと多い曲はありますが、この曲は手数の多さもさることながら、パターンが多彩で聴いていてワクワクします。

イントロは1フレーズ毎にパターンが変わりますし、1サビとラストのサビの直前のフィルも異なっていて、底知れぬ引き出しの多さがうかがえます。

2位:完全感覚Dreamer / ONE OK ROCK(Dr.Tomoya)

2位の画像
出典:http://www.helloasia.com.au/wp...

ONE OK ROCKを世界規模のモンスターバンドにした出世曲の一つです。

ボーカルTakaのカリスマ性もさることながら、やはり特筆すべきはこのドラムでしょう。

イントロからエンジン全開のドラムソロで聴く者のボルテージは最高潮に!
Aメロではスリップビートが冴え渡り、ライドとタムを絡めたBメロ、疾走感抜群のサビを経てドラムソロの応酬と、まさに、ドラマーなら絶対に真似したくフレーズのフルコースです。

1位:nakano kill you / 凛として時雨(Dr.ピエール中野)

1位の画像
出典:https://i.pinimg.com/736x/2e/3...

ライブでは寡黙なフロントマンを尻目に一人でしゃべくり倒すお茶目なドラマーです。
しかしそのドラムプレイはドラマーでなくともハッとさせられるほどに圧倒的な上手さとカリスマ性を持っています。

特にこの曲は、高速2バス連打から止むことのない手技の応酬、あり得ない速さでスネアとタムを行き来するソロが終わって休む間もなくバス連打・・・まるでガトリングガンのような中野のドラムに、殺されること間違いなし!



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
まっき~
まっき~
ロック音楽とラーメンが大好きなアラサー男子!面白い記事を更新ばく進中!

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.