人生・生活・仕事 26 Views

ギネス世界記録にノミネートされた超人10名

投稿日:

人間はどこまで限界に挑むことができるのか。世界には様々な難題に挑戦し、その道を極める人々が存在します。一見、何が目的かわからない挑戦でも、今までの人類史上、成し遂げられていない記録に挑むことは最大の価値があります。

“ギネスワールドレコーズは、世界記録を収集、認定している組織です。現在データベースにある記録はおよそ5万件あり、英国で1955年に初版が発売されて以来、世界的ベストセラーとして親しまれてきました。記録挑戦は、あらゆる人々に開かれており、ギネス世界記録の公式認定員は世界中へと出かけてゆき、ギネス世界記録の認定活動を行っています。” - Ginness World Records


スポンサーリンク


10位:最長まつげ

中国のジュアンシアは、美を磨くことに余念がありませんでした。彼女の上まつげは、世界記録で12.4センチにまで伸ばし、人々を驚かせました。

9位:最年長ボディービルダー

今年、86歳になるジム・アリントンは現役ボディービルダーです。元々はセールスマンとして働いていましたが、趣味であるジム通いと、健康のために始めた筋トレで最年長のボディービルダーにノミネートされています。

8位:最長ネイル

米国・テキサス出身のアヤンナ・ウィリアムズ60歳は、ネイルを長く伸ばしギネスに認定されました。
子供達のサポートを得て、23年間伸ばし続けた結果、5メートル67センチにまで伸ばすことができたそうです。

7位:最高アフロヘアー

米国・スプリングフィールドに住むベニー・ハーレムはアーティストとして活動する傍ら、自身のアフロヘアーで57センチにもなるフェードヘアーを披露しています。

6位:最長レッグ

ロシア出身のイエカターナ・リジナは、オリンピックにも出場経験を持つ、プロのバスケット選手です。身長2メートル6センチに、なんと足の長さは132.5センチでギネスに登録されています。


スポンサーリンク


5位:ジェンガプレーヤー

アイプリル・チョイはムチによりジェンガをプレーするパフォーマーです。一つ一つのジェンガを見事に取り除くことができ、現在は米国・イリノイ州を拠点に数々のイベントなどに参加しています。

4位:大量テディベアーコレクター

ここまでテディベアーが好きなコレクターは見たことがないと話題になったジャッキー・マイリーは米国に住んでいます。集められたコレクションは、8,026体で家の中はテディーベアーで埋め尽くされています。

3位:最長の口ヒゲ

インド人であるラム・シンは2010年にイタリアのローマで、最長の口ヒゲを計測しました。自慢のヒゲは約4メートル27センチで、普段は結んで生活しているそうです。

2位:ビッグマック最多消費

米国在住のドナルド・ゴースクはマクドナルドで販売されているビックマックが大好物だそうです。ほぼ毎日食べ続け、2016年8月には一人で28,788個のビックマックを消費した記録を残しています。

1位:全身ボディーピアス

ブラジルのエライネ・デイビットソンは1997年1月に初めてピアスを開け始めました。その後、レストランを経営しながら、2006年までに全身に4,225回以上のピアスを開けています。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
Moguro
Moguro
海外で生活しながら、面白いランキングをお届けします。

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.