本・音楽・楽器 13 Views

ロイヤルベイビーも実践!妊婦や赤ちゃんに心地よいクラシックミュージック10曲

投稿日:

外国のロイヤルベイビーは胎児の時からクラシック音楽を耳にして育つと言われています。日本でも徐々に妊婦さんらがリラックス効果や安眠などを目的に、積極的にクラシックを聴くようになりました。

音楽家の両親を持つ子供は幼い頃から、胎教を自然に意識し、質の良い音楽を赤ちゃんの時から聞かせることにより、優れた感性が育つそうです。

元々はロイヤルベイビー誕生のために作曲されたクラシック音楽やその他おすすめ曲を紹介します。


【結婚式のドレス選びに困ったら】パーティードレス通販navi|人気ドレスランキング


10位:交響曲 By モーツァルト

有名なオーストリアの音楽家であるモーッアルトですが、作品曲がとても多く、クラシックを聴きたい初心者にも馴染みやすい曲目があります。

9位:Big Ben Looks On ウォルフォード・デイヴィス

キングズ・ミュージックの原盤の一人であるウォルフォードは、「ビッグ・ベン・ルックス・オン」と呼ばれるオーケストラによるファンタジー曲を作りました。現在は教会などの礼拝で、コーラスで歌われています。

8位:Royal Baby ピーター・コンべ

オーストラリアのエンターテイナーで音楽家であるピーターは、主に子供向けの曲を歌っています。子供の心をつかむようなリズミカルな曲に人気があります。

7位:Song for the Birthday of Queen Ann ジョージ・フレデリック・ハンデル

1713年にイギリスのクーイン・アンの誕生日を祝福するために作曲されました。このすばらしい唱歌は、自尊心を高く持ち、バロック様式で愛する王室を歓迎するプレゼントとして贈られました。

6位:Ochre & Azure マルコルム・ウィリアムソン

オーストラリアの作曲家Malcolm Williamsonは、1985年にハリー王子が生まれたとき、クイーンズ・ミュージック原盤の一人でした。 彼はウェールズ王子の誕生に敬意を表して、綿密に題された「ロイヤル・ベイビーの歌」を書いたことでも知られています。



5位:Suite in D for the Birthday of Prince Charles マイケル・ティペット

イギリスのチャールズ皇太子の誕生日に発表されたスイートは、1948年にマイケル・ティペットによって構成され、同じ年の11月に全米ラジオで放送されました。

4位:Zadok The Priest  ジョージ・フレデリック・ハンデル

クラシック音楽を最も盛り上げる曲目のひとつで、元々1727年にゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデルが、ドイツのキング・ジョージ2世の戴冠式のために作曲し、それ以来、すべての戴冠式で演奏し、新しい君主を歓迎する曲として演奏されています。

3位:Nursery Suite エドワード・エルガー

この曲は、キングズ・ミュージックの原盤任務の一環として、1930年にプリンセス・マーガレットの誕生のために作曲されました。

2位:Royal Lullaby オルガ・トーマス

作曲家のオルガ・トーマス・ボソフスカヤ博士は子守唄を作曲しました。シャーロット・ジャコネッリ(元ジョナサン・シャーロット)が演奏したこの曲は、プリンス・ジョージの最初の誕生日に合わせてリリースされたチャリティのためにレコーディングされました。

1位:Sleep on ポール・メーロア

イギリスの作曲家であるポール・メーロアはロイヤル・ベイビーのためにも作曲をしています。彼は英国のプリンス・ジョージに美しい子守歌「Sleep On」とソプラノのHayley Westenraが演奏する曲を作りました。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
Moguro
Moguro
海外で生活しながら、面白いランキングをお届けします。

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.