学習・知識・資格 34 Views

一般教養が基本知識 リベラルアーツを学ぶ10の理由

投稿日:

高校卒業後、様々な選択の中から進路を決めなければいけないことは、青春を送る世界中の若者にとってとても意味があります。数年後の社会人としての自分を想像し、幸せな人生を送るための第一歩でもあります。

そこで、大学進学をするならどの学部や学校が最適か。リベラルアーツ(一般教養)に進むメリットを紹介します。


スポンサーリンク


10位:興味と知識を養う

自由な発想ができる人とは、現実世界を理解し、その中での行動を可能にするつながりを見ることができます。 聞く、読む、話す、書く、問題を解決する、真実を求める、他人と働くこと、などは生きていくことに繋がっています。 リベラル教育とは、ロジックと知恵、寛大さと自由なつながりを得ることです。

9位:健康的な人間性を育てる

進歩と幸福が世界や社会には不可欠であることを理解し、他の人の成功を可能にすることによって、それらが良い方向へ進むような思考力が身につきます。人類に共通な自由な権利、高能な才能、専門知識、権力の行使、人間の多様性など考える基盤を築きます。

8位:物事の理解を深める

世界をより良い場所にするために、世界で起きている物事の理由を学び、視野を広げることによって、最も実践的かつ現実的な過程の教訓を知る機会です。どのような行動が成功へ繋がるのかを模索し、答えを見つける方法を考えるようになります。

7位:謙虚さ、寛容、自己批判を実践

人間は失敗を繰り返し成長して生きます。同じ誤りを繰り返さないために、後悔や間違いから知識を得ることができます。他人の例からも学ぶことは多くあり、同じ学問を学ぶ同士や他者との良好な関係を築く人格を形成します。

6位:真理を求める方法を探る

世界にはたくさんの基準、規格、法律など私たちを統括するために必要な枠があります。厳格さを尊重することは、自由を妨げるものではなく、人々に公平な競争を可能にするためのルールです。人道的な知識と価値の2つを常に互いに対話させる理解を得ます。


スポンサーリンク


5位:問題解決のために、最善を実行

発生する問題によっては重要であったり、大事には至らない事柄もあります。その判断から自分の身に起きる問題を広い範囲で、解決する能力が必要になります。その為には様々な専門知識や経験が必要不可欠だということを学びます。

4位:正確ではっきりとした表現方法

字を習い始めてから人間は学習において、読む、書くを徹底的に毎日実践することになります。見た、聞いた、考えたことなどを表現する方法を知っていることは、集団との連携に最も重要になることを理解します。

3位:他者のと優良な会話

周囲との関わりの中で、話し方は相手の感情や思考を理解するために必要なポイントです。立場の異なる相手に対して慎重に質問したり、人前でスピーチをしたり、事実や考慮したことを伝達する方法を取得します。

2位:読んで理解する

今日では目覚しい発展と長い歴史の中から、多種多様な分野を知ることが容易に可能になりました。言葉以上に不必要な感情移入はなく、物事の真実や過程を知ることで、この先どのような進路に進むことになっても、好奇心から導かれた未来に繋がる手がかりになります。

1位:聞く力

発達したテクノロジー社会ではコミュニケーション手段が、人との繋がりの1つとして聞くことに重点を置くことがしばしばあります。論理的な推論を追跡し、非論理的なものを発見し、論理と非論理的なものの背後にある感情を理解することができます。最終的には共感する、納得する、考えることで根本的な理由がわかるようになります。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

The following two tabs change content below.
Moguro
Moguro
海外で生活しながら、面白いランキングをお届けします。

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.