旅行・宿泊 38 Views

これだけは抑えたい、海外でルームシェア入居時の確認10個

投稿日:

憧れの海外生活。海外ドラマみたいに夢見るシェアハウスに住んじゃう!?けど、ここは海外、安全な場所に住むのはもちろんのこと、何を確認すれば良いか不思議ですよね。

そんな疑問をランキングでまとめました。これさえ押さえておけば、ルームシェアの人たちとのトラブル回避!


スポンサーリンク


10位:ゴキブリ・ネズミ対策

海外は古い建物をそのまま使い、中をリノベーションしているお家が多いので、アパート自体に害虫が住んでいるケースも。冬はまだ出てこなくても、夏の季節にどれだけ出てくるか、要チェックです。

9位:キッチン

シェアメイトにもよりますが、自炊する予定の場合は特にキッチン用品が揃っているか揃っていないか、ちゃんと使えるか一通り見せてもらいましょう。

日本人の場合、海外の人に比べると料理する時間や頻度が高いので、自分でそろえるのも良いですが、結構な出費になるので、あらかじめ把握しとくと良いです。

また、普段のシェアメイトのキッチンの使い方や収納を見ることで、綺麗好きか、整理整頓出来る人なのかも要確認です。

8位:共有部分のもの、場所の使用

筆者はリビングは使用しないでと言われた経験もあり、必ずどの部分は使って良くて何がダメなのかをしっかり確認して下さい。

「専用バス、トイレ」と書いてあっても、オーナーの友達がくるときは使わせてねっとお願いされたり、調味料を勝手に使われたり、このソファーは高いから使わないで等色々なその家の独自のルールは出来るだけ契約前に確認しましょう。

7位:暖房、冷房

冷暖房器具があるかどうかはもちろん、エアコンの場所も確認しましょう。筆者は広い窓のすぐ下に暖房器具があり、まったく暖房の意味を無さず、冬、部屋の中なのにコートを着ながら生活してた日々もありました。

6位:日常生活用品を買いに行く場所

スーパーやドラッグストアとの距離や品ぞろえ、値段等実際に場所を聞いて確認しておくと良いです。スーパーがあっても、おいてある野菜が全然新鮮じゃない、お肉が茶色い・・・など意外と現地調査が大事です。


スポンサーリンク


5位:コインランドリー

海外の場合アパートに洗濯機がついてない場合もあります。そうすると、コインランドリーに重い洗濯物を持って洗濯しに行かなければならないのですが、場所だけでなく時間もチェックしましょう。

普段の学校や仕事の都合でコインランドリーに平日行けない場合、激混の中、土日に洗濯機が空くまで順番待ちしなくてはいけなかったり、時間の融通が利かなくなってしまうので、時間も含め要確認です。

4位:自分の友人を呼んで良いか

長期で海外にると、友人や家族が遊びにくる時もあるかもしれません。日本からの友達は呼んでいいか、普段遊ぶ友達を連れてきてパーティーしていいか、彼氏彼女は連れてきて一緒に泊まっていいか等聞いておきましょう。

3位:いつまでに入居しなくてはいけないか

ルームシェアの部屋は早く契約したもの勝ち。ただ、早く契約をしたからと言って入居が先延ばしになってしまうと、例えデポジット(保証金)を払ってても、オーナーさんが新しい人を探してしまうこともあるので、要注意です。

しっかり、今住んでいる場所との兼ね合いを考えて提示していつまでに入居しないとダメかを事前に確認しましょう。

2位:家賃の値上げはあるか

土地代の変動により家賃が上がったり下がったりすることはありますが、やはり、急な値上げ交渉は困るもの。値上げすることがあるのか、その場合は何か月前に言われるのか確認しておきましょう。

1位:家賃以外の出費があるか

家賃以外の出費があるかどうかは必ず確認しましょう。例えば電気代や水道代が高騰した場合の請求や、消耗品の購入費等、どのような分担になっているか。家賃に含まれているのか、含まれていないのか。物を壊した時の修理代はデポジットから支払われるのか等、意外と契約時に説明がない場合もあるので、確認しましょう。



ランキングをシェアしよう

 ランキングの投稿の仕方はこちらを見てください

Copyright© 〇〇ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.